09≪ 2010/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010-10-31 (Sun)
先日、友人のMAMIさん
選んでもらったエッセンスは
“フラワーエッセンス オブ ザ ブッダフィールド”
というブランドのもの。

インドにあるOSHOメディテーションリゾートを中心に、
インド、ギリシャ等に咲く花々から作られたそうです。

エッセンスを選んでもらう前にやっていた
ヒマラヤン・フラワーエンハンサーズの
“トランスフォーメーション”のワーク。

エッセンスを作ったタンマヤさんも
OSHOの人ということで、
OSHOつながりで選ばれたのかも。

このブッダフィールドのエッセンス、
本当は飲んではいけないみたい。
ということは、PHIのクロップサークルエッセンスと同じく
エネルギーが強いということなのかな?

私のお願いしたテーマに合わせて、
5種類のエッセンスでコンビネーションを
作ってくれました。

飲み始めて1週間ちょっと。

思いがけずOSHOつながりの出会いがあったりして、
シンクロもりだくさん!

まだいろんなことが起こりそうだし、
変化がとても楽しみです。

また飲んだ感想を書きますね。
| ◇ その他エッセンス | COM(0) | | TB(0) | |
2010-10-30 (Sat)
ヒマラヤン・フラワーエンハンサーズの
“トランスフォーメーションキット”
を使ったワーク“変容の旅”の5日目。

使うエッセンスは、“ゲートウェイ”。

このエッセンスは困難を切り抜けるための
勇気をくれ、変化の時を助けます。

新しい“入口(ゲートウェイ)”を
サポートしてくれるエッセンスです。

    

“ゲートウェイ”エッセンスを
舌下に数滴落とし、
ハートの場所に両手をのせます。

ハートの中へ息を入れていき、
辛かった出来事、人、クセなどを
イメージして自分自信を赦します。
そして、人や感情など傷みの原因となっているものを
すべて赦します。

    

ハートに両手を置くと、
弾力があってほわーんと温かい。
この日までに4日間、
いろんなワークをしてきたからかな?

赦しのために自分のこと、
他の人のことなど考えると、
全て白くて形がない状態でした。

そして、ちょっとウルウルっと。

「すべて赦します」と言って終了しました。
| ◇ ヒマラヤンエンハンサーズ | COM(0) | | TB(0) | |
2010-10-30 (Sat)
ヒマラヤン・フラワーエンハンサーズの
“トランスフォーメーションキット”
を使ったワーク“変容の旅”の4日目。

使うエッセンスは、“レット・ゴー”。

このエッセンスの花は、魚座の花。
関係ないですが、私は魚座です。

リラックスした状態になる。
流れに身を任せる。
過去の傷みや悲しみ、愛情を手放して、
何も持たずに今の瞬間に溶け込む。

“手放す”ためのエッセンスです。

催眠療法や誘導瞑想などにも良いそう。

    

3日目の“グラガ”のワークで作成した
2つのリストを用意します。

“レット・ゴー”エッセンスを舌下に数滴たらし、
しばし、ハートの中心を感じます。

リストの1つ1つを呼吸と一緒に
ハートの中へ持ちこんで、それらを感じます。

かつてそれが自分に役立ったことに感謝し、
「もう必要ではないので、手放します」と言います。

ハートの中にピンクのバルーンをイメージし、
呼吸とともに手放したいもののエネルギーを
吹き込んでどんどん膨らませます。

そしてその風船は、胸から空の彼方まで
昇って消えていきます。

心から深く感謝しながら、さよならを言いましょう。

    

私の手放したいものたちは、ハートの中で、
大きくてほわーんとしたもの、丸いものなど
それぞれ違った形を持っていました。

手放した後は、ハートのスペースが
とてもクリアになり、広がりました。
| ◇ ヒマラヤンエンハンサーズ | COM(0) | | TB(0) | |
2010-10-29 (Fri)
ヒマラヤン・フラワーエンハンサーズの
“トランスフォーメーションキット”
を使ったワーク“変容の旅”の3日目。

今日のエッセンスは、“グラガ”。

とてもパワフルな“変容”のエッセンスで、
“トランスフォーメーションキット”の中でも
メインとなるものです。

“グラガ”という名前のキノコから作られたのではなく、
オーストラリアにあるアボリジニの聖地“グラガ山”に
生えている赤いキノコから作られたエッセンスです。

私たちがそれぞれの人生の目的にしっかりと合致した
生き方ができる手助けをしてくれます。

    

静かな場所に座り、
“グラガ”エッセンスを舌下に数滴落とし、
眼を閉じます。

両手を胸の上に置いて、ハートとつながるのを
意識しながらゆっくり呼吸します。

そして頭の上7~8cmの所に金色の光のボールを
イメージします。

その光のボールはバルーンのように
ゆっくりと浮かび上がり、
バルーンのバスケットに乗って、
一緒に浮かんでいきます。
すると部屋で座ってワークしている自分を
見降ろすことができます。

このバルーンは過去へ旅することができます。
少し上がると、何週間か前の出来事が見えます。
もう少し上がると、数ヶ月前、そして数年前と
上がれば上がるほど青春期、子供の頃、
誕生の日までさかのぼることができます。

過去にさかのぼる中で、人生の中で
決まったパターンやクセが繰り返されていることに
気づきます。

そのパターンは子供の頃からのもので、
終わりなき繰り返しのサイクルから抜け出す
妨げとなっていることに気づきます。

ただ身を任せて人生のすべての時代を通って
現在に戻りましょう。
人生を評価や批判をせずに人生を見つめましょう。
そして今の瞬間にたどり着くために
まさに必要だったように展開してきたことを
知りましょう。

誕生に戻って、人生の展開をしっかり観たら
数回呼吸しながら目を開けます。

ノートに体験したことをメモします。
特にかつてはあなたの役に立ったけれど
もう必要のない特定のパターンなどに注意します。

そして、人生の中で本当に欲しいものを
リストアップします。

しばらくして再度リストを見て、
本当に必要なものに○をつけます。

また、あなたの人生の中での成功を妨げるものを
リストアップします。

    

私は、誕生までさかのぼって振り返った人生の中で
いろんなパターンに気づきましたが、
これはとても意味があったと思います。

その後にリストアップした
「本当に欲しいもの」と「妨害となっているもの」は
自分の奥深いところから出てきたものとなりました。
| ◇ ヒマラヤンエンハンサーズ | COM(0) | | TB(0) | |
2010-10-28 (Thu)
ヒマラヤン・フラワーエンハンサーズの
“トランスフォーメーションキット”
を使ったワーク“変容の旅”の2日目。

使うエッセンスは、“ホワイト・オーキッド”。

白い蘭の花のエッセンスで、
高次元のハートチャクラを開き、
エンジェル界のハート、思いやり、幸福へと
アクセスします。

“受け入れる”ことをサポートするエッセンス。

“受け入れる”ことは、私たちの意識を開いたり
向上させるために重要です。

批判せずに、異なった結果を望まずに、
抵抗せずにあるがままを“受け入れる”ことで、
ハートに空間が生まれます。

自分自身をあるがままに“受け入れる”ことは、
自分自身を愛すること。
ハートの中心が愛で満たされ、育まれ、
活性化されていきます。

    

まず、自分自身の好きな部分、
生活の中での好きなシチュエーション、
環境、関係についてリストアップします。

次に、反対に嫌いな部分、
嫌いなシチュエーションなどをリストアップします。

それぞれ10分くらいかけてリスト作成します。

“ホワイト・オーキッド”エッセンスを
数滴舌下、もしくは掌に落とし、
目を閉じて両手をハートチャクラの上に置きます。

胸の上の手の温かさ、重さを感じながら
ゆっくりと深く、自然に呼吸をしていきます。
呼吸する度にリラックスし、
ハートの中心に深く入っていきます。

ハートのエリアがどんどん広がっていき、
それは広大な愛の海のように制限がありません。

最初に作った「自分の好きな部分のリスト」を
ハートのスペースに持込み、
そのまま執着せずにあるがままの状態で解放します。

そして同様に「嫌いな部分のリスト」も
解放します。

    

私は、このワークを2日間やりました。

1回目は、ハートのスペースに
「好きな部分のリスト」を置くと、
明るい色でフワッとハートのスペースが
広がっていきました。

「嫌いな部分のリスト」を置くと、
グレーっぽい暗い色のものが積み重なっていき、
その後広がって、明るい色に変わりました。

ワークが終わるとハートのスペースが広がって、
ほわーんと幸せな気分になれました。

そして2回目。
「好きな部分のリスト」はピンク?赤?のピンに、
「嫌いな部分のリスト」は白いピンになって
ハートの中心に集まった後、
周りに大きなスペースができていきました。

1回目に比べて、「嫌いな部分のリスト」を置く時に
嫌な気分にならなかったので、
嫌いな部分も受け入れることができたみたいです。

そして、ハートからのメッセージ。

 私は自分の良いところも悪いところも
 すべて受け入れます

しっかりと“受け入れる”ことができました。
| ◇ ヒマラヤンエンハンサーズ | COM(0) | | TB(0) | |
2010-10-27 (Wed)
先日紹介した、
ヒマラヤン・フラワーエンハンサーズの
トランスフォーメーションキット”。

このキットに入っているエッセンス8本を
一日1本ずつ使って8日間かけて行うワーク
“変容の旅”。

私の“変容の旅”について書いていこうと思います。

“変容の旅”を始める前にペンデュラムを振ると、
“グラガ・クリスタル”エッセンスを
2週間飲むことになりました。

“グラガ・クリスタル”は、
“変容の旅”の最後のワークで使うエッセンス。

思考を整理し、意図を明確にし、
新しいヴィジョンをグラウンディングさせ
決意を強固にする、そんなエッセンスです。

まずは地に足をつけて、
しっかりとワークをするための準備だったのかな?

    

そして何日か空けてから、
“変容の旅”1日目。

使うエッセンスは、“シダー”。

グラウンディング、勇気、安定、
強さと活力を与えてくれるエッセンス。
その人が空高く枝を伸ばせるように
地中深くまで伸ばすのを促し、
グラウンディングをサポートしてくれます。

エッセンスを数滴舌下に落とした後、目を閉じ、
足をしっかり床につけてリラックス。
ゆっくりと呼吸をしていきます。

頭のてっぺんから息を吸って、
身体の真ん中を通って足の裏から吐き出し
地球の深いところまで届くのをイメージします。

10分くらい続けて、普段の呼吸に戻していきます。

    

呼吸を意識しながら瞑想すると、
足元から根が生えて
どんどん地中に伸びて行く感じ。

呼吸をすればするほど深く、
そして太くなっていきます。

クラウンチャクラも開いていきました。

周りを背の高い杉の木に囲まれていて、
自分も大地にしっかり根をはった
木になっている感覚。

そしてメッセージがありました。

 木も呼吸しているのだ
 今度、木と一緒に呼吸してみるのです

 そしてこの呼吸は(“変容の旅”のワークの時は)
 いつもやりなさい

このワークで、翌日からの“変容の旅”への
準備ができたみたいです。
| ◇ オーストラリアン ブッシュフラワーエッセンス | COM(0) | | TB(0) | |
2010-10-21 (Thu)
101021_110006_500.jpg

先日、エッセンス仲間と
コルテPHIエッセンスを使った
ボディトリートメントの練習をしました。

昨年の12月にワークショップに出て以来、
ノートを見ることはほとんどなく、
中には、あー、そんなトリートメントもあったなぁ
なんて思い出すものも・・・。

トリートメントの一つを紹介します。

    

『耳のトリートメント』


 耳には身体の反射区やツボが集まっています。
 その形は、ちょうど胎児がお腹の中で
 丸くなっている様子にそっくり。

 頭部を下に身体を逆にしたような
 エネルギーラインがあります。

 耳の中心あたりに弧を描くようにある硬い部分、
 これが脊椎の反射区です。
 (耳の画像がなくてごめんなさい・・・)

 使用するエッセンスは、“アマゾナス”。

 “アマゾナス”は、アマゾン川の
 巨大なエネルギーのエッセンス。
 脊椎の流れをスムーズにして、コリや痛みを緩和し、
 老廃物の排泄を促してくれます。

 “アマゾナス”エッセンスを含ませた綿棒で
 耳の脊椎の反射区を7点に分け、
 上から下へゆっくりと押していきます。
 その後、全体をつなげる意味で、
 脊椎の反射区を2回なぞっていきます。
 (必ず、両耳同時に!)

 1人で鏡をみてやるのはちょっと難しいかな?
 2人でやる場合には、トリートメントする人が
 後ろに立って両手でトリートメントします。
 これもなかなか大変そうなので、
 3人(2人で片耳ずつ同時にトリートメント)が
 良いかもしれません。

 妊婦さんや、出産前だと赤ちゃんが
 逆子になってしまう可能性があるそうなので
 おすすめできません。
 また、1歳以下のお子様にもおすすめできません。
 ご注意ください!

 トリートメント後は、スーッと背中が通った感じで
 軽くなりますよ。

    

その他、イルカエッセンスを使った
手のトリートメントや
鼻へのトリートメントなどもあります。

いずれもトリートメントの後は
ゆったりと過ごすのがポイント。

機会があればまた紹介しますね。
| ◇ コルテPHIエッセンス | COM(0) | | TB(0) | |
2010-10-16 (Sat)
101016_140600_500.jpg

先日から、ヒマラヤン・フラワーエンハンサーズの
エッセンス“トランスフォーメーションキット”を
使ってワークをしています。

このキットは、両方の早急な変容と改革の
足がかりとなってくるエッセンスが
8本セットとなっています。

その中でも有名な“グラガ”というエッセンスは、
自分の人生の中で、もはや本来の目的を
果たしていないものの自覚を誘発し、
変化を起こす強さを呼び覚ましてくれます。

その他7本のエッセンスは、その過程を助け、
勇気、愛と受容を持って円滑な展開と統合を
作る手助けをしてくれます。
(導かれた進展とともにやってきます)

基本的には、一日1本ずつのワークをして、
8日間かけて完了。

自己変容の旅へといざなってくれます。

このエッセンスのワークは、
ハートを意識するワークが中心だからか、
始めた頃は、ずっと胃の調子が悪かったの。
今は落ち着いたけど。

途中、ちょっと間が空いたりしたけど、
今日で終了しました!

大きな変化は、コンタクトレンズを
外出先で失くした以外にこれと言って
なかったような気がするけれど、
しっかり自分と向き合うことができました。

それぞれのワークについては
また紹介していきたいと思います。
| ◇ ヒマラヤンエンハンサーズ | COM(0) | | TB(0) | |
2010-10-15 (Fri)
101014_144217_500.jpg

今日、友人からもらったお花。
かわいくてとっても優しい雰囲気。

お花って見ているだけで癒される。
これはお花が癒しのエネルギーを持っているから。

  花は優しい
  見る人を慰めて何も見返りを求めない
  献身的だから花は美しい

美輪明宏さんの言葉を思い出しました。

そんなお花の癒しのエネルギーを閉じ込めた水。
それがフラワーエッセンスです。

フラワーエッセンスは、
身体の内側から心と身体を
やさしくそっと癒してくれます。

フラワーエッセンスに出会えたこと
心から感謝しています!
| ◇ その他エッセンス | COM(0) | | TB(0) | |
2010-10-04 (Mon)
最近、セッション中に良く出会う
オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスの
“レッド・リリー”。

Red Lily

“リリー”と名は付いているけれど、ハスの仲間。

ハスは仏教では精神性の象徴。
濁った水を下界に例え、
その中から天に向かってすーっと茎をのばし、
清らかな花を咲かせる。
そんな様子が精神意識の高まりを象徴しています。

“レッド・リリー”のエッセンスは、
しっかりと地に足を着けさせ(グラウンディング)、
今の瞬間をしっかり生きられるよう
サポートしてくれます。

以前、気功教室で“レッド・リリー”を飲んでから
レッスンをしたことがありました。

ある生徒さんは、頭がモヤモヤ、ほわーんとしている状態から
しっかりと足が大地に着いて、スッキリしたと
話してくださいました。

このエッセンスは、無気力でフワフワと
ぼんやりしているような状態や
現状に対する不満などで、今起こっている
周りの出来事に無関心etc・・・
そういう人たちの精神的な次元を
現実とバランスをとってくれます。

嫌なことなどあるといつもすぐに
自分の心地良い心の居場所に戻ってしまう、
空想癖まではいかずとも、
自分の理想世界から抜け出せない、
誰にでもそんな部分があるかもしれません。

現実を見ているようで、現実とは違った世界にいる。
そのようなバランスが崩れている状態の時に
必要なエッセンスです。

最近良く出会うってことは、
今の私にも必要なエッセンスなのかな?
それとも、今を生きられていない人が
増えているということなのかな??
| ◇ オーストラリアン ブッシュフラワーエッセンス | COM(0) | | TB(0) | |