06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-12-15 (Sun)
宿泊したチャリスウェルのガーデンはとても心地よい場所。

DSC01855.jpg

たくさんスピリットたちがいて、
この世のサンクチュアリみたいな感じ。

DSC01883.jpg

ジョン・レノンは、このエンジェルシートと呼ばれるところで、
“イマジン”を作ったのだとか?

DSC01761.jpg

ガーデンの中にはたくさんベンチがあって、
グラストンベリー・アビーに行った時もそうだったけれど、
ベンチに座るととてもとても暖かくて、そこから離れたくなくなります。

DSC01849.jpg

そして、いろんなメッセージをもらえました。

ブラストンベリー・アビーと同じくここにも、
アリマタヤのヨセフの杖が根ざしたと言われる
ホーリー・ソーン(さんざし)の子孫の木があり、
クリスマス前だけど、一塊の花が咲いていました。

DSC01870.jpg

ガーデンの奥には井戸があり、アリマタヤのヨセフが
キリストの血が入った聖杯を沈めたという伝説もあります。

井戸の蓋に描かれた模様は、チャリスウェルのシンボル。
「vesica piscis(ヴェシカ・パイシーズ)」と呼ばれていて、
2つの異なる世界(天と地、男性性と女性性etc・・・)の融合を
表しています。

DSC01836.jpg

チャリスウェルには、赤と白の2つの泉があり、
ひとつは鉄分が多く、赤い水 → キリストの血
もう一つはカルシウム分が多い水 → キリストの汗
だと言われています。

DSC01760.jpg

赤い水は、ガーデン内で、白い水は、ガーデンの敷地の外で
それぞれ飲むことができます。

DSC01676.jpg

時期的にガーデンの開園時間中でも人は少なかったのですが、
井戸の周りには必ず誰かいて、瞑想していたり。

なので私は、閉園後と開園前に井戸のそばで
ゆっくりと瞑想させてもらいました。

女性らしく、そして水のやわらかいけれど強い
そんなエネルギー。
大切なメッセージをもらえたし、
とても贅沢な時間を過ごすことができました。

小鳥やリスが時々やってきて、
自分が自然の中に溶け込んで一体になっているような、
穏やかで安心できる感覚も心地良かったです。

持っていったブレスレットも浄化。

DSC01867.jpg

キラキラと石たちも元気になりました♪

DSC01852.jpg

そういえば、前日まで泊まっていたB&Bのご主人に
チャリスウェルに泊まることを話したら、
「何かセレモニーするの?」って聞かれました。
そういう目的で訪れる人も多いみたい。

チャリスウェル、次回はもっとゆっくり滞在したいなぁ。
って、また今度行こうと思っていたりしますw



いつもありがとうございます♪
スポンサーサイト
| ◇ フラワーエッセンスな旅 | COM(0) | | TB(0) | |
2013-12-14 (Sat)
2013年11月26日~12月3日で、
パリ&グラストンベリーの旅に行ってきました。

今回の旅の本当のメインは、“チャリスウェル”。

DSC01827.jpg

以前参加した、鏡リュウジさんのトークショーや
荒俣宏さんの本などで以前から関心があったのもあり、
また、
☆ オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスの
  ホワイトライトエッセンス 『ディーバ』
☆ アラスカンエッセンス 『チャリスウェル』
そして、『チャリスウェルエッセンス』が作られているこの場所に
行ってみたかったのです。



春頃だったかな?たまたま観たTVでチャリスウェルに
宿泊できるというのを知り、ぜひ宿泊したい!
というのもありました。

私の希望の日程では予約が取れなかったのだけれど、
その翌日なら大丈夫とのことだったので、
予約をすることにしたのですが、
予約確定のためには予約金決済が必要で、
チャリスウェルの事務所に電話をしなければいけなかったりと、
乗り越えなければならないハードルもあって・・・

英語が得意ではないので、海外に電話するということは
かなりのチャレンジ。
だけど、自分の望むことのためならがんばれちゃうのですw

そして、泊まった部屋はとてもかわいい感じ。

DSC01754.jpg

チャリスウェルに宿泊すると、ガーデンの開園時間以外も
ガーデンに入ることができます。
これも宿泊したかった理由のひとつ。


先日のHAPPY天使作りワークショップで作った
フェアリーちゃんをここへ連れてくるのも、
私のお仕事のひとつでした。

DSC01794.jpg

作った時に「チャリスウェルに連れて行ってね!」と
メッセージをもらっていました。

そんなわけで、このフェアリーちゃんは、
今、チャリスウェルの事務所にいます。
スタッフの方にプレゼントしました。

 ・・・続く


いつもありがとうございます♪
| ◇ フラワーエッセンスな旅 | COM(0) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。